不動産会社・不動産業界のオウンドメディア一覧を紹介します。不動産といっても、不動産投資、不動産仲介、賃貸物件紹介、リフォームなど様々な分野があり、会社によって扱う範囲も異なります。

※掲載希望のメディアの方は、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

不動産オウンドメディア8選

SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナル」はリクルートが手掛けるサイトです。賃貸物件情報、新築分譲マンション、中古マンション、戸建て、リフォーム、引越し、ローンなど様々な分野のビジネスを行っていることもあり、幅広い情報を取り扱っています。

人気記事には、家賃相場ランキング、マンション価格推移、都市計画、暮らしの問題などのテーマがランキング入りしています。

他には、専門家、大家、経営者などへのインタビュー記事も掲載されています。

LIFULL HOME’S PRESS

LIFULL HOME’S PRESS」は、株式会社LIFULL(ライフル)のメディア。専門家のオピニオン、借りる・買う・改築などのトレンドニュース、調査データ・ランキングなどの記事を扱っています。

時事問題、国土交通省の発表、相続など幅広い分野のテーマを取り扱っています。最新の情報も多数取り扱っていて記事数も多いメディアです。

楽待 不動産投資新聞

楽待 不動産投資新聞」は、不動産投資に特化したオウンドメディア。不動産投資の基礎知識から、大家コラム、物件購入、融資、管理、リフォーム、税金、出口戦略、不動産投資のエリアレポートなど、不動産投資家に役立つテーマを網羅して扱っています。

一般投資家のインタビュー記事や不動産投資戦略にかんする内容も掲載されているため、不動産投資が身近に思える内容も掲載されています。

不動産とくらしの評判

不動産とくらしの評判」は、グランドネクスト株式会社が運営するメディアです。不動産売買、ハウスメーカー、マンション、リフォーム、不動産投資、住宅ローン、賃貸仲介業者などにかんする情報を取り扱っています。

不動産にかんする幅広い情報が掲載されていて、各業者の評判もわかるため、不動産の取り扱いで困ったときの参考になります。

不動産WEB相談室

不動産WEB相談室」は、株式会社了が運営するメディアです。不動産売却、不動産投資、不動産賃貸について各事業者の詳しい内容がわかります。

また、不動産業界で働く人のための転職エージェントや職種別の実態などについても解説されています。

中山不動産株式会社MAGAZINE

中山不動産株式会社MAGAZINE」は、中山不動産株式会社が運営するオウンドメディアです。不動産経営や不動産投資、愛知県を中心とした地域情報を発信しているメディアです。

本社が愛知県名古屋市にあり、愛知県の不動産投資セミナーが頻繁に行われています。

シェアシェア

シェアシェア」は、日本最大級のシェアハウス物件検索ポータルサイトです。エリア、条件、賃料などで探すことができます。

オウンドメディアでは、シェアハウスの選び方、入居時のチェック項目、入居までの流れ、などシェアハウスに住む前と住み始めた後に困ることや悩むことの解決方法が解説されています。

シェアハウスチンタイ

シェアハウスチンタイ」は、シェアハウスを全国から探せるポータルサイトです。エリア・駅・路線など以外に、20代が多い、女性専用などこだわりの条件からシェアハウスを探すことができます。

オウンドメディアでは、シェアハウスの間取りやトラブル、一人暮らしとの違いなど、シェアハウスに住み始める前に読んでおきたい記事が多数掲載されています。

不動産のオウンドメディアで成功するコツ

ターゲットに合った内容を発信する

不動産といっても、投資・売買・賃貸など様々なビジネスがあり、お客様は異なります。

自社のターゲットを見定め、自社のお客様になりうる人に刺さる内容を発信していくことが大切です。

また例えば、不動産の売買だったとしても、高級マンションなのか、地方の一軒家なのか、などエリアや金額でターゲットは大きく異なります。

まずは自社のコアな部分のお客様に刺さる内容から始めるのがよいでしょう。

写真や動画を活用する

SNSが当たり前に使われるようになったこともあり、オウンドメディアで写真や動画を扱うことも大切です。

実際の写真や動画を見たほうがわかりやすいというのもありますし、読者の注意を引くことができ、より良いコンテンツ制作につながります。

お客様にわかりやすい内容を意識して、物件を訪問する際は、周辺写真や物件写真・動画を撮影して、オウンドメディアに活用するといいでしょう。

まとめ

不動産といっても内容は幅広いため、オウンドメディアで成功するには最初は分野を絞ってユーザーを増やしていく必要があります。

専門家と提携して専門性の高い情報を取り扱ったり、調査データやランキング、インタビュー記事など興味を持ってもらいやすい内容を取り扱ったりすることでユーザーを増やしていきましょう。