webからの見込み客を増やすために必要になる記事制作。リソースが足りない、自社に詳しい人材がいないなどで外注したいと考えている人も多いでしょう。

今回は記事制作代行会社の選び方や注意点、売上アップにつなげる方法などについて説明します。オウンドメディアや自社ブログの成長に活かして下さい。

記事作成代行のメリット

①専門家の力を借りることができる

記事制作で、SEO対策したい、売上につながる記事にしたい、品質の高い記事にしたいなどの要望がある場合、記事制作の経験が豊富な記事制作代行会社は、助かる存在です。

自社で経験値を積んで知見を得たり、マネジメントしたりするとなると、時間とお金がかかります。

記事制作をプロに外注することでそれらをショートカットできるでしょう。

②スピードがあがる

記事制作には時間がかかります。例えば、社内の担当者が1人で書いていたら短期間で何十記事もアップすることは難しいでしょう。

記事制作代行会社のリソースを使うことで、大量の記事を短期間にアップすることが可能になります。

③予算を変動させられる

記事制作を外注する場合、会社のそのときの予算や事業状況に応じて、予算を変動させることができます。

例えば、早期にオウンドメディアを立ち上げるために初月は20本、次月からは10本ずつ依頼する、予算に余裕があるので決算月までに30本依頼する、などの依頼方法も可能です。

記事作成代行の種類

主に記事作成代行は、2種類あります。1つ目は記事制作代行会社、2つ目はクラウドソーシングです。違いについて説明します。

記事作成代行会社クラウドソーシング
ライター選定代行会社が行う自社で行う
品質品質が安定しているバラつきやすい
スケジュール基本的に守ってもらえるトラブルが起きやすい
料金高い安い

記事作成代行会社の特徴

記事制作代行会社は、大量に案件を実行した経験があるため、実績や知見が豊富です。プロの担当者がつき、記事制作を代行してくれるため、品質も担保されやすいでしょう。

ただ、担当者や編集者がついている分、どうしても金額は高くなりがちです。

クラウドソーシングの特徴

クラウドソーシングで記事制作を依頼する場合、自社でライターを確保し、依頼する必要があります。

ライターによっては誤字脱字が多い、間違った内容が含まれている、修正に応じてもらえないなどのトラブルが起きることがあり、自社で対応しなければいけません。

記事作成代行会社の選び方

①自社に合った会社を選ぶ

会社によって得意分野が異なる場合があります。例えば、金融に強い、化粧品に強いなど。

自社の事業内容や求めるコンテンツの品質に合った記事を提供してくれる会社を選びましょう。

また、記事提供方法、担当者とのやりとりのスムーズさ、相性なども重要です。

②実績のある会社を選ぶ

記事制作を依頼するときに実績のある会社なら安心できます。

例えば、SEOに強い記事制作を希望している場合は、過去に提供した記事や順位などを確認しましょう。

また、今の検索エンジンのアルゴリズムの状況やどんな記事を制作したほうがよいかアドバイスしてくれるところがいいでしょう。

③支援内容で選ぶ

記事制作のみで成果が出るのであれば、問題ありませんが、他の支援内容も揃えている会社だと他の成果が出る施策もサポートしてもらえます。

SEOコンサルティング、ホワイトペーパー制作、オウンドメディア設計、サイト制作など。

自社の課題を解決してくれる支援内容のある会社なら、一括で依頼でき、スピードも上がります。

記事作成代行の料金相場

記事作成は内容や品質によって料金が大きく変わります。料金体系と料金相場の目安は以下のとおりです。

<料金体系>

文字単価1文字5〜15円
記事単価30000〜100000円

<1記事の料金相場>

通常記事10,000〜50,000円
SEO対策記事30,000〜100,000円
デザイン込みの記事80,000〜150,000円
インタビュー記事30,000〜100,000円

記事作成代行会社/サービスおすすめ6選比較

1. UOCC[ウォーク]

記事作成代行以外にも、オウンドメディア運用代行、SEOコンサルティング、ホームページ制作なども行っています。

オプションで集客に役立つ施策を備え、全面的にサポートします。お問い合わせいただければ、運用方法や実績についてより詳しくご説明が可能です。

運営会社株式会社UOCC[ウォーク]
実績自社メディアで月間1900万PV、上場企業へ売却大手
企業で半年後に月間100万PV
BtoBメディアで累計1万人以上の見込み客獲得
工事業者で1年後に売上1.4倍
生活サービス事業者で月間300万円以上の売上アップ
など
料金1文字3円税別〜(執筆のみ)
1文字6円税別〜(キーワード選定+構成+執筆)
1文字7円税別〜(キーワード選定+構成+執筆+CMS入稿)
その他オプション記事構成案作成
SEOコンサルティング
LP制作
ホワイトペーパー制作
ドメイン強化施策
CMSへの入稿
分析レポート
検索順位チェック

2. LANY


引用元:LANY

株式会社LANYは、SEO、コンテンツマーケティング、広告運用などを中心に総合的なマーケティング支援をしている会社です。

大手企業の案件も多くこなしていて、研修なども行っています。リライト、メルマガ制作、LPOコンサルティング、CVR改善コンサルティングなどにも取り組まれています。

運営会社株式会社LANY[レイニー]
実績アルファノート株式会社
株式会社じげん
Bizmates
など
料金記事構成作成:6万円税別〜
記事構成+原稿作成:10万円税別〜
記事構成+原稿+入稿:14万円税別〜

3. サムライト


引用元:サムライト

サムライトは、コンテンツマーケティングを得意としている会社です。朝日新聞社の子会社。

記事作成以外にオウンドメディアのトータルサポートや、ShopifyのECサイト構築、SNS運用支援なども手掛けています。

運営会社サムライト株式会社
実績フロンティア・マネジメント
アルヒマーケティング
青山学院
など
料金1記事5万円〜(企画をお客様が持ち込み)
1記事8万円〜(企画をサムライトが提案)

4. FPサテライト


引用元:FPサテライト

FPサテライト株式会社は、ファイナンシャルプランナーが個人・法人へのコンサルティングやマネー講師、家計相談などを行う会社です。

記事執筆や記事監修も行っていて、SEO向け記事にも対応しています。保険、資産運用などの金融領域から家計、節約等の身近なマネー領域、キャリアやサスティナブル分野までファイナンシャルプランナーに関連する幅広い分野の執筆が可能です。

運営会社FPサテライト株式会社
実績イオン保険サービス
三菱UFJ信託銀行
全国労働金庫協会
など
料金要問い合わせ

5. バースタイプ


引用元:大阪のSEO会社バースタイプ

株式会社バースタイプは、大阪のSEO対策会社で記事制作、SEO、MEO、広告運用などマーケティング業務に幅広く対応しています。

記事制作サービスではテキストだけでなく画像やデザイン込みのHTML納品も行っており、すぐにアップロードできるものを納品してもらえます。

運営会社株式会社バースタイプ
実績
料金テキスト納品:1記事3万円税別
HTML納品:1記事5万円税別

6. YOSCA


引用元:YOSCA

株式会社YOSCAは、記事コンテンツ制作の専門会社です。

SEOライティングだけでなく、インタビュー記事、書籍ライティング、SNSコンテンツ制作・運用、LPライティングなど、幅広いライティング業務に対応しています。

またライティングに関係する講座や研修も行っています。

運営会社株式会社YOSCA
実績M&A会社
医療機器メーカー
Webマーケティング会社
など
料金記事コンテンツ制作:文字単価5円〜+ディレクション費5000円/本
SEOライティング:50000円〜/本〜+ディレクション費5000円〜/本
インタビュー/取材記事制作:45000円〜

記事作成代行会社/サービス5選[プラットフォーム]

自社でライターを見つけて依頼するならプラットフォームを利用するのも一つの方法です。スケジュール管理やトラブル対応、校閲、コピーチェックなどは自社で行う必要があります。

1. ランサーズ


引用元:ランサーズ

ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。ライター、デザイナー、エンジニアなど様々なフリーランスや副業人材が登録しているため、要望に合った人材を見つけやすいでしょう。

登録者は累計260万人以上。サイト上で秘密保持契約などを結ぶことも可能です。

登録者累計260万人以上
手数料ランサーシステム手数料:16.5%
クライアントシステム手数料:5.5%

2. クラウドワークス


引用元:クラウドワークス

クラウドワークスも国内最大級のクラウドソーシングサイトです。「個のためのインフラになる」をミッションにサービスを提供しています。

こちらもライター、デザイナー、エンジニアなど様々な人材が登録していて、要望に合った人材を見つけやすくなっています。

登録者累計588万人以上
手数料※報酬額でシステム利用料が変わります
20万円超の部分:5%
10万円超20万円以下の部分:10%
10万円以下の部分:20%
タスク形式での場合:20%

3. シュフティ


引用元:シュフティ

シュフティは、主婦のための在宅ワーク情報が満載のクラウドソーシングサイトです。

ライター、翻訳、エクセル、ワード、デザインなどのワーカーが見つかります。

登録者43万人以上
手数料システム手数料:10%

4. ココナラ


引用元:ココナラ

ココナラは、個人のスキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。

コンセプトや利用方法は異なりますが、ココナラでもライターやデザイナー、エンジニアなど様々な人材を見つけて依頼することが可能です。

登録者432万人以上
手数料販売側システム手数料:22%(税込)
購入側システム手数料:5.5%(税込)

5. クラウディア


引用元:クラウディア

クラウディアは、全国のプロワーカーに仕事を依頼できるクラウドソーシングサイトです。

インボイス制度にも対応済み。スキルやプロフィールから探すことも可能です。こちらもライターやデザイナー、エンジニアなどが見つかります。

登録者100万人以上
手数料※金額でシステム利用料が変わります
100万1円以上の部分:3%
10万1円~100万円の部分:5%
5万1円~10万円の部分:10%
1円~5万の部分:15%
時間制の場合:一律10%

格安の記事作成代行の注意点

格安で記事制作代行を依頼できる場合もあります。ただ、格安の場合は品質や記事の内容に注意が必要です。

格安で記事を大量投稿しているメディアの記事内容が問題となり、SNSで炎上することは珍しくありません。

また、SEOの観点からも上位表示が難しい、仮に上位表示できても寿命が短く、後々負債となってくるケースもあります。

格安記事のメリット・デメリットを理解し、利用するようにして下さい。

SEO記事制作で上位表示するコツ

記事は文章の品質だけでなく、装飾、画像解説、監修表記なども有効です。これらは基本的に別料金となる可能性が高いですが、必要に応じて利用しましょう。

また全体のサイト設計やドメインパワーも関係します。運営歴の長いサイトだと、以前の記事とキーワードが被り、上位表示が難しいこともあります。

サイト設計や過去記事の精査などが必要な場合は、SEOコンサルティングを利用するといいでしょう。

内製と外注の判断基準

内製と外注のどちらにすべきかの判断基準としては以下を参考にして下さい。

<内製の場合>

以下のようなケースの場合は、内製、もしくは、内製と外注を組み合わせたミックス、もしくはSEOコンサルティングを利用するのがいいでしょう。

・自社にノウハウを蓄積したい
・社員に記事を書くリソースがある
・社員でないと詳しい記事を書けない

<外注の場合>

以下のようなケースは外注を利用したほうがいいでしょう。

・社内にノウハウがない、詳しい人材がいない
・短期間で成果を出したい
・本業に集中したい

記事作成代行以外に検討したいサービス

記事作成代行以外に、メディアで成果を出すためには以下のサービスも必要なときがあります。自社の状況に合わせて検討して下さい。

サービスメニュー
内容
目的
SEOコンサルティングサイト設計、キーワード選定、記事以外のSEO対策などのコンサルティング記事以外もSEOでは重要な要素であり、サイト全体の最適化に役立つ
LP制作ランディングページの文章とデザインの制作オウンドメディアで集めたユーザーをコンバージョンさせるため
ホワイトペーパー制作ホワイトペーパーの文章とデザインの制作見込み客を集めるのに有効な施策のひとつ
CMSへの入稿自社サイトへの記事のアップロードWordPress等のCMSを利用している場合は依頼したほうがスピードアップにつながる
分析レポートサイト全体のアクセス推移、成果の出やすい記事の傾向、売上への貢献度などのレポート振り返りを行うことで、注力分野や施策の選定に役立つ
検索順位チェック記事の検索順位推移レポート記事制作の振り返り、他に必要な施策の把握に役立つ
ドメイン強化施策ドメインパワーを上げるための施策ドメインもSEOで重要な指標であり、検索順位アップに役立つ

記事作成代行を利用して売上アップにつなげる方法

記事作成を依頼してPV(ページビュー)が伸びただけでは売上アップにつながりにくい場合があります。

サービス内容によっては、分かりづらかったり、メリットが理解してもらいにくかったりするため、そのような場合はLP制作を行い、ユーザーをLPに誘導する必要があります。

また、すぐに販売するのではなく、ホワイトペーパーへ誘導して自社への理解を深めてもらい、見込み客リストを作成して、そのあと販売する流れを組むのも有効です。

記事作成代行の依頼の流れ

記事作成代行を依頼する場合の大まかな流れです。会社や依頼内容によっても変わりますので、目安として参考にして下さい。

(1)問い合わせ

記事作成代行を依頼したい企業に問い合わせます。その際、目的・目標・予算などを伝えるとスムーズです。

(2)相談

現状と目標や予算を伝えて、記事作成代行会社に相談し、対応可能か、どのような記事を作成したほうがよいか、などをすり合わせます。

その際、サイトの課題や記事作成の方向性などアドバイスしてくれる企業がいいでしょう。

(3)契約

依頼内容に関する契約書を結びます。お互いにトラブルを避けるためにも、契約書があるといいでしょう。また支払い時期などもそのとき決めておきます。

(4)企画

キーワード選定、記事構成、記事の内容を詰め、執筆に取りかかる準備を行います。事前にこれらを決めておくことで、無駄な記事作成や認識のズレを防ぐことができます。

(5)記事作成

執筆に取りかかります。企画の段階で決めた内容に即して文章を作成します。

(6)チェック

仕上がった記事のチェックを行います。誤字脱字だけでなく、会社としてその内容を発信して問題ないか、などをチェックします。企業の立場によっては、その方向性の内容は避けたほうがいい場合などもあるため、注意しましょう。

(7)納品完了

修正やチェックが完了した記事を納品してもらいます。

記事作成を依頼してみよう

記事作成代行は、高品質な記事をスピード感をもって作成するのに役立ちます。自社では難しいと感じている場合には一度依頼してみましょう。

1記事単位からの依頼に対応している会社も多いため、試してみるのも有効です。

相談して信頼できる会社を見極め、依頼に進んで下さい。